dnsmasq DNSキャッシュ設定のメモ

ローカル内のサーバーにドメイン名でアクセスできなくなり不便になった。
原因はルータの故障。
COREGA CG-BARPROG-Xで今まで使用できていたNatループバック(ヘアピンNat)機能を使用できる適当なルータが入手できなかったからなのだが非常に不便。

アクセスポイントとして使用していたBuffaloの無線ルータを急遽ルータとして代用したのだがNatループバックは機能せず。
家庭内のローカルネットワーク内ではメールチェックもできないし、このままではWebサーバーのブログも更新できない。
hostsファイルで対応するのもiPhoneでは無理。そのためだけにBINSやDNSサーバーを稼動させるのも面倒。
COREGA CG-BARGX、I/O DATA ETG2-Rを購入するもNatループバックも動作せず。

誰がつけた名前かNatループバック(ヘアピンNat)機能が、ルータのパッケージに書いてないのはどういうことなのか?
家庭で使用する程度のルータであればこそつけておいてほしい機能です。

で、いろいろ調べているうちにdnsmasqというパッケージを見つけた。
DNS forwarder and DHCP serverのようです。DHCPはルータ機能で十分なので使用しません。

■ dnsmasqのインストール
aptitude install dnsmasq
でインストール
/etc/hosts ファイルを編集して [jve555.jpを192.168.xxx.xxxで参照する]
 192.168.xxx.xxx jive555.jp
と使用するFQDNを記述しておく。(名前ベースのバーチャルドメインもすべて記述しておく)
ドメインを追加していく場合はhostsファイルに記述していく

/etc/resolv.conf ファイルはルータのアドレス
nameserver 192.168.xxx.xxx

dnsmasqのリスタート
# /etc/init.d/dnsmasq restart

■ ルータの設定
dnsサーバーの設定をdnamasqを稼動させたサーバーのアドレスに設定する
プライマリDNS(優先DNS) 192.168.xxx.xxx

■ メモ
OS:Debian6 [Squeeze]

以上で設定は終わり。

ルータにDNS設定がない機種もあるようで、その場合は上記対応ではできない実現できないと思います・・・
とりあえず、iPhoneからもメールチェックできてよかったけど、無駄に購入したルータが2台も。
結局1万円くらい投資してしまった。家族のメールサーバーも動いていないと困ってしまうし仕方ないか。

最近の機種でNatループバック(ヘアピンNat)機能付きのルータがほしい!!誰か教えて。

★追記
起動       # /etc/init.d/dnsmasq start
停止       # /etc/init.d/dnsmasq stop
自動起動     # update-rc.d dnsmasq defaults
自動起動停止   # update-rc.d dnsmasq remove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です